前へ
次へ

買取に出すより得るものが多い方法

もう絶対に着ることはないと買取に出す決心をし、いざ出してみると大抵査定金額に唖然とします。
査定金額の安さ・・・これはもうどうしようもないんでしょうね。
なんだかんだ言っても新品ではなく何度か袖を通した中古服。
人が着た服なんてブランド物であっても高値で引き取ってくれるはずないんですよね。
それはこれまでの経験上分かっているけど、夏が来る前に夏物衣類を持っていったり、秋になって間もない時期に冬物を持っていってもたいして査定金額が上がらないのが不満。
夏物衣類が小売店で出ていない時期に夏物を買い取りに出しても、たいして買い取り金額はアップしませんでした。
悲しいけど現実はこんなものかもしれませんね。
一流ブランドで未使用なら売ってもいいと思える査定金額が出るけど、一流ブランドでもなく未使用でもなければ希望金額は夢のまた夢。
思い切ってそれを欲しがっている友人や知人にプレゼントしてしまった方が得るものがあるような気がします。

Page Top