前へ
次へ

こうして買い取り店へ行く不要品は減るのです

断捨離をすると決めると必要なくなった物を買い取りへ出すため一カ所にまとめておきます。
そのまますぐに買い取り店へ持って行ければいいけど、なかなかすぐに行くことができない場合は邪魔にならないところへまとめておきます。
それまでは押し入れの奥の方で埃をかぶっていたり、衣装ケースの中でしまわれっぱなしだった衣類が久しぶりによく見えるところに出てくると、購入した当時のワクワクした気持ちを思い出します。
家族が昔着ていた服や使わなくなった電化製品を見て懐かしそうにしていると、買い取りに出していいものか気持ちが揺らぐことも。
成長した子供が、若い頃私が着ていた服を着て、「もったいないから買い取りに出さないで」といつの間にか子供のクローゼットに吊されていることもあります。
そうやっていろんな物がいろんな場所に移動していき、それでも残った物が最終的に買い取り店へ行くわけです。
だから我が家の不要品はなかなか片付きません。

Page Top